アルバイトの探し方

二級土木施工管理技士に合格しなければいけない理由

二級土木施工管理技士に合格しなければいけない理由

平成26年10月26日(日)
二級土木施工管理技士資格試験日です。

 

私は先日、一級土木施工管理技士、実地試験を
受験してきましたが、
合格したかどうかはまだ分かりませんが、
「比較的易しい問題」だったと感じました。

 

昨今の技術者不足は本当に深刻で、
国も「これはヤバい」と思ったのでしょう。

 

これに従って、二級土木も去年に引き続き、
合格するチャンスの年になるでしょう。

 

 

さて、私見ですが・・・
一級土木より、二級土木の方が大事だと思っています。

 

なんでか??

 

”有資格者になる”からです。

 

二級土木施工管理技士になるか、ならないか。
ここには大きな隔たりが存在します。

 

一応、「主任技術者」の要件には
卒業した学校+経験年数でもなれるのですが、

 

最近は「資格」を持っている人間を。と
要求されることが多くなってきています。

 

試験に合格することと、実務経験を有することは
「主任技術者」としては同じことなのに、

 

やっぱり「試験合格者」が求められてしまいます。

 

 

だから、会社としては、
「何としてでも二級土木施工管理技士」なんですね。

 

発注者から直接仕事を受注する、
いわゆる「元請会社」には、
どうしても「監理技術者」である「一級土木」が
必要とされますが、

 

下請け業者の数の方が、遥かに多いのは言うまでもありません。

 

 

だから「二級土木施工管理技士」

 

でも一級と二級の難易度の差が、さほどあるとは
経験上思えないのも事実。

 

つまり二級土木は「難しい」試験なんです。
しっかり勉強しないと合格できません。

 

難関、実地試験攻略
晴れて「有資格者」になれることを願っています。

 

 

 

 

二級土木施工管理技士に合格しなければいけない理由関連エントリー

建設業界も”資格”の時代
建設業界も”資格”の時代
二級土木施工管理技士資格の威力と魅力【主任技術者なんです】
二級土木施工管理技士資格の威力と魅力【主任技術者なんです】
【試験実施機関】
二級土木施工管理技士資格合格のための テキスト・通信講座の紹介

 
【参考書】 【通信講座】 【実地試験対策】 【勉強方法】 【管理人奮闘記】