アルバイトの探し方

建設業界も”資格”の時代

建設業界も”資格”の時代

一昔前から、建設業界にも資格の時代がやってきました。

 

大昔は誰でもいつでも現場に入れたものですが、
昨今はそうはいきません。

 

身元の確認やら作業に必要な資格証を提示するやら
やたらと確認事項や書類が多いんですね。

 

玉掛け、ガス溶接、アーク溶接、車両系建設機械、などなど。
資格なしで出来る作業など、ほとんどありません。

 

そこへきて、現場管理者は「主任技術者」でなければならないと。
現場の掛け持ちは出来なくなり1現場1代理人と。
どんな現場でも必ず一人張り付かせなくてはならないのです。

 

必要資格としては
「1・2級土木施工管理技士」か「10年以上の実務経験」等。

 

10年以上の実務経験者であれば問題ないのですが、
なにせ1現場1主任技術者制なので
ネコの手も借りたい状態なんですね。

 

現場を知らない人間でも、有資格者ならばOK。
ほんとは現場を知らないとダメなんですが、
それよりも「有資格者」が必要なのだと。

 

というわけで
二級土木施工管理技士資格に人気が集まる・・
と言うか、必要に迫られる。

 

どんな業界でも「資格の時代」です。
お国の収入源という意味合いもあるのでしょうが、
そういう世の中だから仕方ないです。

 

現に死亡事故は年々減ってきている実績もあるわけで。

 

疲れた身体にムチ打って頑張らないといけませんね。
獲れば一生ものであり、あなたの資産です。

 

できれば十分な対策を講じて一発で獲りたいものです。

建設業界も”資格”の時代関連エントリー

二級土木施工管理技士資格の威力と魅力【主任技術者なんです】
二級土木施工管理技士資格の威力と魅力【主任技術者なんです】
【試験実施機関】
二級土木施工管理技士資格合格のための テキスト・通信講座の紹介
二級土木施工管理技士に合格しなければいけない理由
二級土木施工管理技士に合格しなければいけない理由

 
【参考書】 【通信講座】 【実地試験対策】 【勉強方法】 【管理人奮闘記】