アルバイトの探し方

二級土木施工管理技士試験 実地試験 重点

二級土木施工管理技士試験は「実地試験」に重点を置く

二級土木施工管理技士試験というのは
学科試験は6割の人が合格しますが、
実地試験では2割しか合格できません。
つまり、
重点は「実地試験」だということです。

 

実地試験とはいっても「記述式」です。
設問に対して「選ぶ」のではなく「書く」。
ということは、しっかり覚えてないと「書けない」ということ。

 

論文に対しては、事前に書くことを暗記していく必要がありますが、
それなりのことは書けるものです。
実地試験は論文だけじゃ合格できないんですね。
記述式の問題もしっかり解けないといけません。

 

私の場合、初受験だったので学科試験対策に時間をかけ過ぎ、
実地試験対策まで手が廻らなかったという反省が残りました。

 

ですから2割の合格率という実地試験対策に重点を置くべきだと考えます。

 

結局、実地試験に受からなければ二級土木施工管理技士試験の
「合格」は手に入らないわけですから、60%の確率の学科試験より
20%の確率の実地試験に「ちから」を注ぎましょう。

 

とはいえ学科が通らなければ次は無いし、学科さえ受かってれば
来年「実地」だけ受験できる資格が残るわけで・・・
なかなか難しい問題ですけどね。

 

ただ、学科試験は4択ですから
確率25%実地試験は解れば100%、解らないと0%

 

4択というのは確率的に25%ではありますが
1肢が「○」か「×」かが解れば33.3%
2肢が「○」か「×」かが解れば50%と
勉強度合いで正解率はグンっとあがるわけです。

 

実地試験の記述式で、それはありません。1かゼロか。
だからもうこの時期、学科試験の勉強がある程度できているのであれば
100点取らなくてもいいんですから、
実地試験対策に重点を置いて勉強してください。

 

 

 

 

 

二級土木施工管理技士試験は「実地試験」に重点を置く関連エントリー

二級土木施工管理技士にギリギリ合格しました!
二級土木施工管理技士にギリギリ合格しました!
二級土木施工管理技士 試験直前 一番大事なこと
二級土木施工管理技士 試験直前 一番大事なこと
二級土木施工管理技士試験を受けた正直な感想は・・
二級土木施工管理技士試験を受けた正直な感想は・・
私が使った【テキスト・参考書】を紹介します
私が使ったテキスト・参考書

 
【参考書】 【通信講座】 【実地試験対策】 【勉強方法】 【管理人奮闘記】