アルバイトの探し方

二級土木施工管理技士とは?記事一覧

二級土木施工管理技士は施工管理技士国家資格のうちの1つであり「土木」「鋼構造物塗装」「薬液注入」に別れ、それぞれの種で河川、道路、橋梁などの土木工事において、主任技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行う重要な仕事です。現場管理の掛け持ちが禁止され、各現場に主任技術者の配置が義務付けられたことに伴い、二級土木施工管理技士資格のニーズは年々...

二級土木施工管理技士とは土木、鋼構造物塗装、薬液注入に別れ、それぞれの種で河川、道路、橋梁などの土木工事において、主任技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行う。種別国家資格試験科目学科において土木工学、施工管理法、鋼構造物塗装施工管理法、薬液注入施工管理法のいずれかから選択、実地は種類ごとの施工管理がある。学科試験1.土木工学等 2.施...

大学の指定学科を卒業後、1年以上の実務経験大学の指定学科以外を卒業後、1年6ヶ月以上の実務経験短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、2年以上の実務経験短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業後、3年以上の実務経験高等学校の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験高等学校の指定学科以外を卒業後、4年6ヶ月以上の実務経験上記以外の者は8年以上の実務経験

二級土木施工管理技士資格試験の年度別合格率表とグラフを作ってみました。年々、合格率は下がっていますね。特に実地試験は20%程度しかありません。つまり、学科試験、実地試験を1回で合格する確率は20%というかなりの難関資格になったと言えるのかもしれません。

主任技術者とは、建設業法の規定により、外注総額3000万円未満(記載金額はいずれも消費税込み金額)の元請業者、ならびに下請負に入る建設業者が、直接雇用する技術者の中から、現場に配置しなければならない技術者のことである。外注総額3000万円以上の元請負の現場には主任技術者にかえて監理技術者の配置が必要となる。建設業許可を取得している者であれば、請負金額500万円未満であっても主任技術者の配置は必要で...

トップへ戻る